2012年10月29日

巻き爪治療の費用が怖い・・・巻き爪ブロックから始めるべし



巻き爪ブロックのフルセットは3600円!


これを聞くと、まずは、巻き爪ブロックを試してから
ダメなら!?ほかの手段を考えてもいいかな〜と思いますよね。



巻き爪ブロックは、病院でのVHO矯正治療と同じ要領で
爪の両側にワイヤー(バネ)を引っかけてく矯正します。


全9種類の中から矯正強度を選ぶことができます。
9種類とは?
◎爪の大きさ
◎硬さ・厚さ

巻爪ブロック.jpg



そのワイヤーは、鉄道や自動車の足回りで使われている
特殊な『工業用バネ』を巻き爪矯正のために改良し
耐久性にこだわっています。

さらに、粘着シートも装備し靴下やストッキングに
引っかからないよう配慮もされています。




ちなみにVHO式矯正の費用を計算してみました。


◎巻き爪1本、半年間施術
概算で30000円(交通費除く)


◎巻き爪1本、1年間施術
概算で46500円(交通費除く)



※あくまでも概算です。病院によって治療費が異なります。


私の場合、巻き爪が最低2本。
10万仕事ですよ(T_T)


さらに、今後、治療が必要になりそうな怪しげな爪が2本潜んでいます。
こうなるとVHO式矯正費用を考えるとゾッとしますね(>_<)



まずは、巻き爪ブロックを試してみてから
次のステップは考えることにします。



★巻き爪ブロックの詳細はこちら
自分でできる本格的巻き爪矯正キット【巻き爪ブロック】



★携帯からはこちら
ご自宅で本格巻き爪矯正



















posted by 巻き爪ブロック at 22:29| 巻き爪ブロック | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

足の巻き爪の治療を始める前に知っておくべきこと



巻き爪が痛い、ツライと悩んでいる方
治療をする前に自分の巻き爪の状態を確認しましょう。




◎皮膚に爪が刺さって化膿している場合(陥入爪)
   ↓ ↓ ↓
外科的手術が必要になります


爪を剥がすのか?焼くのか?
まずは、病院で相談しましょう。
何科に行けばよいのが迷いうと思いますが、
皮膚科、外科、形成外科、整形外科あたりを受診しましょう。
しかし、病院によって陥入爪の治療を行っていない場合もあるので
総合病院が無難ではあります。




◎爪の先が丸まって皮膚を挟んでいる場合(巻き爪)
   ↓ ↓ ↓
ワイヤー治療で矯正しながら治せます


有名なのがVHO式矯正法ですが、
ここで問題となるのが治療費
残念ながらVHO式矯正法は保険が適用されません


病院によって金額が多少異なりますが、
初診1爪にワイヤー施術で10000円〜15000円
再診1爪ワイヤーつけ直しで8000円〜9000円
つけ直しは、2〜3ヶ月ごとに必要。


治療期間は、巻きの状態により異なりますが、
最低でも半年〜1年以上かかることもあります。



治療費を想像すると恐ろしくなりませんか



そこで今、巻き爪で悩んでいる人に人気爆発中の
巻き爪ブロックの出番



まずは、どんな物なのか見てみましょう!




★PCからはこちら
自分でできる本格的巻き爪矯正キット【巻き爪ブロック】



★携帯からはこちら
ご自宅で本格巻き爪矯正











posted by 巻き爪ブロック at 19:52| 巻き爪 治療法 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする