2013年01月22日

巻き爪ブロックで巻き爪の治療を自宅で始めました



巻き爪の治療を自宅でするために買った巻き爪ブロック



早速、準備を始めました!


1)爪の「表面の長さ」を測定

測定シールをカットして親指の爪の幅を確認


巻爪ブロック .jpg



2)補正部のサイズを決める

今回、私の爪の幅は20o(2cm)だったのでMサイズを使用


巻き爪 ワイヤー.JPG



このワイヤーの端の部分には、樹脂チューブがはめてあるので
フックが爪の周りの肉に突き刺さって痛〜いって心配はありません。




巻き爪 矯正 ワイヤー.JPG



3)取付具を使って爪に装着


なんですが、、、
私は、爪が長いので取付具を使わなくても片方のフックを引っかけて
もう片方のフックをグググっと入れ込むと簡単に装着できました^^


巻爪 治療 自宅 .JPG


私は、取付具を使う方が難しかった・・・(^_^;)


巻き爪 治療 自宅.JPG



4)カバーを貼る

カバーと言っても薄〜い透明なシールです。
1枚失敗してしまいました(^_^;)

端を合わせて貼るといいですよ♪



巻爪治療自宅.JPG



完成で〜す



思った以上に取り付けやすく、
掛かった時間は、たったの7〜8分程度^^



今回、初めて装着して気が付いたことは、

●爪が長い方が取り付けやすい
●爪の端を丸く切り過ぎると取付できない(かも・・・)




※爪が短くて端を丸く切っている方は、少し伸ばしてから使う方がイイと思います!





★巻き爪ブロックの詳細はこちら
自分でできる本格的巻き爪矯正キット【巻き爪ブロック】



★携帯からはこちら
ご自宅で本格巻き爪矯正


















posted by 巻き爪ブロック at 22:42| 巻き爪ブロック 使い方 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする